コンクリート工事 
Thursday, 01, March, 2012, 16:35 - ARCHITECTURE
以前に新建築新建築2011年4月号に計画案を発表したFLAPのコンクリートがようやく屋根まで全て打ちあがりました。満田構造計画の方々、施工会社、型枠や鉄筋の職人さんたち、ありがとうございました。これから内外装の仕上げ工事です。とはいうものの、基本的には室内はほぼ躯体形状で決まってきますし、コンセプトは建物のボリュームや配置が、この場所の光や風や雨の流れと呼応するというものですから、今の時点で主要な部分はほぼ出来ているとも言えます。もう少し型枠や足場が取れると、周辺環境と建物のフィット感が確認できるのではないかと思います。楽しみです。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 1940 )
竣工写真撮影 
Monday, 19, December, 2011, 22:56 - ARCHITECTURE
建物は完成するとすぐ建主さんにお引渡ししてしまうので、自分が設計した建物の完成した空間でじっくり時間をすごす機会が以外と少ないのが現実です。そんな中で竣工写真を撮る日は、朝早くから夕暮れまで一日中完成した建物の中で過ごし、家具を置いてみたり、室内に導かれる光を観察したり、掃除をしたりと、空間を体感できる貴重な機会となります。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1800 )
天一美術館 
Monday, 19, December, 2011, 22:45 - ARCHITECTURE
吉村順三の最晩年の設計による天一美術館。作品の量と空間の量のバランスが良い。つまり、作品を展示していないスペースが大きくゆったりしていて贅沢な美術館です。大きな美術館でたくさんの美術作品を見る事が好きではないので、この美術館のように、豊かな自然が感じられる心地の良い空間で、美味しいお茶ができて、そのおまけに1つか2つ心に響く美術作品に出会えれば、それで十分だと思う。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1142 )
生方記念文庫プロポ 
Tuesday, 18, October, 2011, 23:10 - ARCHITECTURE
生方記念文庫プロポーザル最終プレゼンの7者まで残りました。プレゼンなんとかやりぬきましたが、結果は残念でした。プレゼンの順番が最後だったので、他の6者の提案や審査員とのやり取りが聞けなかったのが残念です。地方都市ににぎわいをつくり出す建築や広場のあり方、区画整理を行うプロセスの中で街並や景観をどのように整えていくのか?都市の更新と歴史や伝統の保存や継承。実際に設計する建物の規模と求められるテーマの壮大さのギャップにずっと苦悩しながら、設計やプレゼンテーションを考えてきました。評価はどうあれ自分の案はベストだと思っていますが、街の人に自信をもって「賑わいます」などと言えないとも思いました。そもそも、そんなことが建築に可能なのかという疑問のほうが大きいです。他の153案の設計者がどのように考えたのか、街の人がどのように考え、審査員や行政がどのように判断したのか、機会があればじっくりと聞いてみたいと思いました。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1651 )
INAXデザインコンテスト金賞 
Tuesday, 28, December, 2010, 21:39 - ARCHITECTURE
INAXデザインコンテスト金賞Stone Terraceが受賞いたしました。全国から592点もの応募があったと聞きました。その中で最も高い評価をいただけたことは、とても嬉しく、これまで以上にいい建築をつくらなければと、身が引き締まる思いです。長い年月をかけてこの風景を美しく耕し続けてこられた地域の方や、建物を大切に使って下さっている建て主様ご家族にこの場を借りてお礼申し上げます。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1864 )

戻る 進む