スタンダード 
Wednesday, 11, June, 2008, 21:37 - MUSIC
Keith Jarrettは自分をJazzの世界に導きいれてくれた人です。
その中でもオススメは UP FOR IT という、おなじみのスタンダード・トリオのパリでのライブ。
とにかく普通です。新しい事とか、変わったこととか、ビックリするような演出とか全くありません。
何十回聞いたか分かりませんが、とにかく聞けば聞くほど気持ちいい。



YOUTUBEでチョッと昔のKeith Jarret Trioの映像を見ることができます。
これってホントにすごい事ですよね。
YOUTUBEでいろいろ映像を探し始めると、ついつい夜更かしどころか朝になってしまいます。


[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 3367 )
建築bar? 
Tuesday, 10, June, 2008, 18:32 - MUSIC
日経アーキテクチュアの高市さんが広島に取材にいらっしゃいました。
取材の後は、夜な夜な広島の建築家達が集うという(ホントか?笑)中新地のバー「みうら」に向かいました。
高市さんを囲んで、建築家の宮森さん、飯田さん、飯田さんの元スタッフの田原さん、工務店の江角社長、私と同世代の建築家の中薗君、谷尻君、春日君など、にぎやかな飲み会です。
話の中でこの「建築バー?」の設計者が建築家の田中清さんだという事を初めて聞いて「建築バー?」たる所以に納得!
お酒が進むにしたがって、Jazz好きが多い事が判明し、CDジャケットがバーカウンターに散乱する中、思い思いのジャズ・ウンチクを語りだすことに・・・。
結局、 Elvin Jones & Richard Davis の Heavy Soundsは最高!という意見の一致を見て、無事お開きです。






[ 2 コメント ] ( 56 views )   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2709 )
スイスからピチカート・ファイヴ 
Wednesday, 28, May, 2008, 01:40 - MUSIC
LOUNGE-RADIO.COMはスイスのinternet radioです。
loungeというジャンルの音楽に詳しいわけではないのですが、ノリノリで作業をグイグイ進めたいときなんかに事務所で流れます。
選曲はいつも流れるようにスムーズで気持ちいいです。
時々ピチカート・ファイヴが流れます。






[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1855 )
チョッとクラシック 
Tuesday, 27, May, 2008, 01:38 - MUSIC
ほとんどクラッシックのCDは持っていないのですが、唯一本当に感動してしまったのはJ.S.Bach / The Sonatas and Partitas for Violin Solo / Gidon Kremerです。
スイス、バーゼルの教会でコンサートを聴いたのが、このバイオリニスト、クレーメルとの出会いでした。
その時から重厚で迫力のある音に圧倒されています。
バッハだからといって、このCDをさわやかな朝のBGMにするのは間違いです。
バイオリン一本だけから生み出されているとは思えないほどの大迫力。
1人の部屋でできるだけ大音響で気合を入れて聞いて下さい。
ぐぐっときます。






[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1813 )
バンド再結成 
Thursday, 22, May, 2008, 21:50 - MUSIC
夏に結婚する友人からの無茶なリクエストで、大学時代に組んでいたロックバンドが急遽再結成される事になってしまいました。
押入れの一番奥からホコリだらけのレスポールを引っ張りだして、サビだらけの弦を張り替えてみると、心はエリック・クラプトンなのに音は壊れた三味線のようです。
お腹まわりの贅肉だけが、憧れのBB kingにチョッと近づいています。





[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 122 )

戻る 進む