三分一さんの講演会 
Tuesday, 17, March, 2009, 10:06 - EVENT
建築家の三分一さんから講演会の案内を頂きました。
3月18日(水)14:00〜中国電力本社ビル2階大会議場(広島市中区小町4-33)で行われます。
入場無料です。
ヒートポンプ研究会25周年記念講演会「地球のディテール」-環境時代に考える都市・エネルギー・人と自然の共生-
講演:三分一博志氏

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2285 )
六甲の展望台コンペ入賞佳作展覧会 
Thursday, 12, February, 2009, 17:27 - EVENT
六甲の展望台コンペ入賞佳作作品展大阪のハービスプラザで開催されています。
2009年2月19日までです。
私の提案も佳作(7点)の一つとして展示されています。
大阪まで見に行けないのが残念です。
他の方の提案が気になります。
広島まで巡回してくれればいいのですが。
関西方面の方、是非、ご覧下さい。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1098 )
五三会コンペ審査 
Tuesday, 25, November, 2008, 00:54 - EVENT
今年も広島工業大学建築環境系同窓会五三会主催のアイデアコンペ審査員を勤めさせていただきました。
もう3回目になります。
まだまだ自分は、審査員などという、他人の作品を上の立場からとやかく批評できる程のものではないので、できるだけ何かをつくろうとしている同じ立場の人としての共感を言葉にしたいと思っています。それば大学で講師などをさせていただく時も同様です。
学生の作品を見ていて気になったのは、感覚と理論のバランスです。
それは自分が何かをつくるときに気になることでもあるのですが・・・
「理論的にこうなのだから、人はこう感じるはずだ。」というのは、間違いを生みやすいと思います。
いろいろな理論や技術を勉強していくと、ついつい自分の表現したい事を理屈で説明しようとしてしまいます。
自分が感じた事をまず、全く肯定した上で、「なぜ自分はこう感じるのだろう」と考えたほうがいいのではないかと思います。
一般論を語るより、自分自身の皮膚感覚に正直になった方が、逆に他者との共感を得やすいと思うのです。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2275 )
SDレビュー オープニングパーティ 
Sunday, 28, September, 2008, 21:28 - EVENT
代官山のヒルサイドテラスSDレビューのオープニングパーティが開催され、入選者の一人として参加させていただきました。
本当に多くの人が集まった華やかな場で、審査員の方々やその他の建築家やメディアの人と、自分の作品を通して対話できる貴重な機会でした。
SDレビューは、地方都市で言葉少なく一つ一つの建築を作っている私達にとって、普段より一段広い世界に自分のつくったものをさらけ出す数少ない機会だと思います。
来月から大阪でも展覧会を開催いたしますので、是非見に来て下さい。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2270 )
シンポジウムに来てくれた多くの方々、ありがとうございました 
Friday, 26, September, 2008, 02:48 - EVENT
席が無くて立ち見になってしまった方々、申し訳ありませんでした。
多くの方々が最後まで見くれただけでなく、通りすがりの人たちが足を止めて聞いてくれたことに感激しました。
建築の設計をしていて、こんなに直接街に語りかけるような発表の機会は今まで無く、独特のライブ感を楽しむ事ができました。
できるだけ多くの方に興味をもっていただけるように、極力分かり易い言葉や内容で話したつもりですが、まだまだ独りよがりな表現が多かったようで反省しています。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2010 )

戻る 進む