安喜万佐子展 
Monday, 30, March, 2009, 18:28 - ART
画家の安喜さん から展覧会の案内をいただきました。
関西方面の方、是非どうぞ。

安喜万佐子展 Masako Yasuki Exhibition
evaporating time ,exposed scapes -蒸発する時間/結晶した場面-

2009年4月7日〜4月18日

ギャラリー16/galerie 16
営業時間:12:00 - 19:00 定休日:月曜日
〒605-0021 京都市東山区三条通白川橋西入上ル石泉院町 戸川ビル3F
3F Togawa Bldg, Shirakawabashi-agaru, Sanjoi, Higashiyama-ku, Kyoto, Japan
zip 605-0021
TEL:075-751-9238 FAX:075-752-0798 E-mail:info@art16.net
WEB: www.art16.net



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2472 )
Alan Johnston Wall Drawing 
Saturday, 14, February, 2009, 12:24 - ART
スコットランドのARTISTALAN JOHNSTONが私の設計した建物に、WALL DRAWINGという作品を描いてくれました。
ヒューストンのMies van der Roheの建物、ウィーンのWittgenstein House、バーゼルのDiener & Dienerの建物などに作品を描き、小川晋一さんと度々コラボレーションをしているAlanが私の設計した建物にどのような作品を描くか、とても興味深い2日間でした。
1日目はお施主さん家族と対話しながらのフィールドワーク。
私の設計した建物だけでなく、周囲の田園風景、古い木造の小屋、崩れかけた土壁、地域の神楽、猪肉の七輪焼きなどこの地域のあらゆるものに興味をもって観察しながら、それらをスコットランドやスイスやアイスランドなどの世界各国の文化と比較しながら熱く語ってくれます。
彼の子供のような好奇心大きさとと世界中を旅して得た知識の広さにいつも驚かされます。
2日目はいよいよ作品製作です。
現場に着くなり何の迷いや計算もなく、反射的に手が動くように描いていきますが、よく見るとコンクリート打放し壁のパターンや隣接する窓枠のプロポーションやガラス面の反射による形態の反復、建物に落ちる影などが、作品の一部として取り込まれていることが分かります。
作品自体のシンプルさとそれが周囲の環境との間に生む豊な関係性のコントラストに驚かされ、それはまた、先日展覧会や講演会で体験したDiener & Dienerの建築にも共通するものではないかと思われました。

ALANはこれからしばらく日本中を旅しながら、様々な場所にWALL DRAWING描いて、それを作品集にするようです。
どのような作品集になるか楽しみです。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1085 )
ARTIST×3+ARCHITECT×2@広島の居酒屋 
Tuesday, 25, November, 2008, 00:16 - ART
私がEDINBURGHにいた時、とてもお世話になったARTISTのALAN JOHNSTONが友達のSOUND ARTISTのMARTIN PARKERを広島に連れてきてくれました。
同じくLONDONにいた頃からお世話になっているARTISTの鈴木たかしさんとARCHITECTの小川晋一さんというメンバーの居酒屋飲み会に誘っていただきました。
全く低下してしまった英会話能力(もともと低かったともいえるのですが・・・)に苦しみながらも、久しぶりにINTERNATIONALな飲み会に加えていただいてとても楽しかったです。
彼らのようなARTISTに会うまでは、芸術家のイメージは黙々とキャンパスに向かう内向的な人と勝手に決め付けていましたが、彼らは全く逆のキャラクターで、世界中に独特のネットワークを持って、日々地球を駆け回っています。小さな頭の中で自分と向き合うより、広い世界で新しい人や環境と出会うことのほうが新鮮な感覚を生むのかもしれません。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1136 )
船越桂展 
Friday, 03, October, 2008, 01:58 - ART
舟越桂はずっと気になっていたアーティストなのですが、今まで一度も作品を直接見ることがありませんでした。
東京都庭園美術館は舟越桂作品に出会うにはまさにベストな場所でした。
東京に居るとは思えないほどの緑豊かな庭園の中に、歴史ある洋館があります。
その一部屋一部屋に彫刻作品やスケッチなどがあり、作品の世界観と空間が不思議な空気をつくり出していました。
ほぼ等身大の人物の表情はファンタジックでありながら、不思議なリアリティーを持っています。
見ているだけで彫刻に人格を感じ吸い込まれそうなのに、それを彫り出している時の恍惚とはどのようなものだろうと想像しました。

舟越桂展





[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2284 )
NSA展覧会 
Thursday, 31, July, 2008, 23:59 - ART
鈴木たかしさん主催のNSA(noborimachi space of art)から展覧会のご案内を頂きました。

「hana shimasu」三宅良子+マライケ・ドロプ二
2008年8月5日(火)-8月10日(日)
11am-7pm(最終日のみ6pm)
NSA noborimachi space of art
730-0061 広島市中区幟町6-21 2F

NSAでは頻繁に国内外のユニークな現代美術家を招いて個展を開催しています。
広島で継続的にこのような活動をしていただいている事がとても貴重で嬉しいことです。
オープニングパーティはいつも広島のアートな人たちの集う楽しい場になります。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2830 )

戻る 進む