広島の意気込む建築家? 
Tuesday, 29, July, 2008, 23:49 - ARCHITECTURE
日経アーキテクチュアの「変わる街 意気込む建築家-金沢、広島、博多、三都市の群像」という特集記事の中で紹介いただいています。以前にもこのブログで書いた座談会の様子などが掲載されています。

広島という地域と自分の設計の仕方の関係を改めて尋ねられると正直答えに困ってしまいます。
ただ、いつも一つ一つの建物が建つ場所や環境の良さを最大限に生かしきった設計をしようと心掛けています。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1222 )
猛暑日にインド料理 
Sunday, 27, July, 2008, 21:46 - EAT
あまりにも暑い日が続くので、思い切ってHOTなインド料理を食べました。
可部のTAJというお店。
インド人の店員さんたちが、皆さん笑顔で迎えてくれました。
カレーの辛さの度合いをインド人基準で説明してくれているのが面白いです。
久しぶりに美味しいインド料理を食べて大満足です。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2975 )
垂直の庭 
Tuesday, 22, July, 2008, 09:54 - THOUGHT
前から気になっていたPATRICK BLANC の VERTICAL GARDENをやっと見ました。
植物学者でもあるのPATLIC PRANCは全く垂直な壁面を緑化する方法を開発したのです。
実際に触ると、本当に生きた植物です。
建物の中にあるので、完全な人工光と人工灌漑の中で生きていて、緑が最も美しく見えるように照明もコントロールされています。でも、なんだか完璧で美しすぎて、近所の雑草の方がかわいらしく感じられてしまいました。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 3017 )
オリンピックの建築 
Monday, 21, July, 2008, 21:25 - ARCHITECTURE
もう何度も見ているのに、近くに行ったついでに、また国立代々木競技場を外からそっと見に行ってきました。
何度見ても美しいダイナミックな建物です。
これは建築家丹下健三が1964年の東京オリンピックのために建設した建物です。
(丹下さんは広島の平和公園や原爆資料館を設計した人です)

今、北京オリンピックが始まろうとしています。
そのメイン会場となる鳥の巣はスイスの建築家のHerzog & de Meuronの設計です。

40年以上も前のあの時代に、日本人建築家によって世界の建築史に残るほどの名作がつくりあげられた事に、今さらながら感動します。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2375 )
海の巨大模型 
Friday, 18, July, 2008, 23:51 - EVENT
瀬戸内海大型水理模型を見に行ってきました。
写真で大きさが伝わるでしょうか?
瀬戸内海を丸ごと1/2000に縮小した模型で、甲子園球場が1個半入る程の大きさです。
世界最大規模の水理模型だそうで、こんなすごいものが、近くにあったなんて全く知りませんでした。
この模型に実際に水を溜めて、人工的に潮の満ち引きを再現し、瀬戸内海全体の海水の流れなどを観測するためのものだそうです。
瀬戸内海の島々の上を飛び石を渡るように、大阪湾から下関まで歩いてみると、わが故郷の海がなんと儚く尊いものか身にしみて感じられます。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2412 )

戻る 進む