伊勢旅行◆〇嵋犂儻ホテル 
Thursday, 27, May, 2010, 16:31 - TRAVEL
伊勢旅行△村野藤吾さん設計の志摩観光ホテルです。海辺に立つコンクリート造のホテルという大きな構造体が、繊細に分割され、起伏にとんだ海辺の地形になじんでいます。









[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2132 )
伊勢旅行 ヽい稜酳館 
Thursday, 27, May, 2010, 16:23 - TRAVEL
伊勢旅行,内藤廣さん設計の海の博物館です。剥き出しの構造体の力強さと同時に、木材の折り重なる繊細さを感じます。以前に訪れた内藤さんの設計のグラントワでも、現物を見るまでの写真の印象は豪快で力強いイメージだったのですが、実際に建物に触れてみると、繊細で細やかな感覚にあふれていました。地形は高低差のいくつもある複雑な形状なのですが、それらがシンプルな切妻型の大空間の中に立体的な空間のつながりとして表れていて、地形の複雑さと建物のシンプルさの対比が空間体験として感じられます。





[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1974 )
新建築4月号「特集:東京2010」 
Saturday, 22, May, 2010, 14:52 - BOOK
新建築4月号 に「特集:東京2010」という記事があります。東京の建築案内マップなのですが、様々な世代の建築家達が3つづつ建物を推薦するという形式になっています。私も3つの建築を選んでコメントをさせていただいています。単純なルールでつくられている建築マップなのですが、これが意外とよくできたルールだと思います。都市というのはそもそも建築だらけなのですから、その都市の建築マップを編集する場合に、星の数ほどある建築の中で、どの建物を取り上げて、どの建物を取り上げないかという選択はとても難しいように思われます。今さら、誰もが認める有名作品だけを掲載しても面白くないでしょうし、そのようなガイドブックは既にたくさんありそうです。一方で、あまりマニアックな選択をしすぎても読む人に興味を持ってもらうことはできないでしょう。この記事の場合それぞれの建築家たちが好きなようにバラバラに建築を推薦している中で、当然人気の高い建築が出てきて、それも面白いのですが、より細かく読んでいくと、「以外に、この人がこんな建築を好きなのか!」とか「この人が薦めるならもう一度よくみてみよう」とか、「こんな建物が東京にあったんだ」というような発見もあり、いろんな角度から見ることができます。もう一度、学生の頃の建築少年の好奇心が戻ってくるようです。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 139 )
作品選集 
Tuesday, 16, March, 2010, 20:45 - BOOK
日本建築学会作品選集2010にCOURT HOUSEが掲載されています。岡河貢先生にも素晴らしい選評をいただきとても嬉しかったです。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 570 )
空に近い庭 
Tuesday, 16, March, 2010, 20:02 - ARCHITECTURE
以前に住宅特集の取材でお会いした石井智子さんに、広島にある素敵な建物 を教えていただきました。やっと見に行くことができました。石井さんのお父様が設計された建物です。本格的な屋上緑化をしている建物で、なんとその上でブルーベリーを栽培しています。その日は特別にブルーベリーフェアとして、一般に開放されている日だったので、屋上まで上がらせていただきました。屋上に緑があるということは、より空に近い位置に庭ができるので、緑の水平面によって周辺の雑然とした建物がトリミングされて、遠くの山並みや空と足元の緑が直接つながって、開放感が圧倒的に高まります。実際に体験してみると当たり前の事がとても新鮮に感じられるものです。建築のつくられ方はとても素朴で、無駄がなく、理にかなっているように感じられました。庭でいただいた手づくりのパンやケーキも美味しかったです。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2035 )

戻る 進む