天一美術館 
Monday, 19, December, 2011, 22:45 - ARCHITECTURE
吉村順三の最晩年の設計による天一美術館。作品の量と空間の量のバランスが良い。つまり、作品を展示していないスペースが大きくゆったりしていて贅沢な美術館です。大きな美術館でたくさんの美術作品を見る事が好きではないので、この美術館のように、豊かな自然が感じられる心地の良い空間で、美味しいお茶ができて、そのおまけに1つか2つ心に響く美術作品に出会えれば、それで十分だと思う。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1142 )
久しぶりのブログ 
Monday, 19, December, 2011, 22:40 - THOUGHT
ながらく更新をサボっていました。
溜まっていたメモを以降アップロードします。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 168 )
生方記念文庫プロポ 
Tuesday, 18, October, 2011, 23:10 - ARCHITECTURE
生方記念文庫プロポーザル最終プレゼンの7者まで残りました。プレゼンなんとかやりぬきましたが、結果は残念でした。プレゼンの順番が最後だったので、他の6者の提案や審査員とのやり取りが聞けなかったのが残念です。地方都市ににぎわいをつくり出す建築や広場のあり方、区画整理を行うプロセスの中で街並や景観をどのように整えていくのか?都市の更新と歴史や伝統の保存や継承。実際に設計する建物の規模と求められるテーマの壮大さのギャップにずっと苦悩しながら、設計やプレゼンテーションを考えてきました。評価はどうあれ自分の案はベストだと思っていますが、街の人に自信をもって「賑わいます」などと言えないとも思いました。そもそも、そんなことが建築に可能なのかという疑問のほうが大きいです。他の153案の設計者がどのように考えたのか、街の人がどのように考え、審査員や行政がどのように判断したのか、機会があればじっくりと聞いてみたいと思いました。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1651 )
東京大学見学会 
Tuesday, 18, October, 2011, 22:30 - TRAVEL
巨大で高密度な大都市のど真ん中に、これほど緑があって、オープンスペースがあって、歴史のある古い建物が保存されていて、これぞ大学という感じがする。今まで「東大」という言葉から勝手に思い込んでいた権威的な感じとは全く違う、素直な憧れを感じることができた。大学があることで、都市の中に自然や歴史や知識が保存、蓄積され、地域にかけがえのない価値がもたらされる。自分が過去に短い間ではあるが生活した都市(Edinburgh, Basel, London)にはそれぞれ、素晴らしい大学があり、そのキャンパスのあり方が深く都市のあり方と関わっているように思い出された。大学は都市の中にあるべきで、また全ての都市は大学を持つべきだと思った。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2080 )
砺波のくらし 
Tuesday, 18, October, 2011, 21:59 - TRAVEL
砺波平野の散居村菅沼合掌造り集落を見た。この地域独特の重く湿った雪などの厳しい気候をどのように凌いできたか、昔の人々の工夫と苦労が建物から読み取れる。この2つの住宅は車で数十分の距離にありながら、異なった特徴をもっている。地形や気候の違いが建物の形にそのまま反映されているのだと思う。しかも、これらの家は現代の住宅のように単に生活の場ではなく、生産や労働の場であり、生活上の共同体と生産のための組織が同一だったから、なおさら周辺環境と生活の器との関係は切っても切れないもにになのだろう。現代の生活では、住む場所と仕事を自由に選択し、自由に高速で移動でき、その場にない不足したエネルギーは海の向こうからでも持ってくることができるのだから、はるかに大きな自由を自分たちは手に入れた。それでもなお、その地域の自然やエネルギーと密接に関わることで、豊かさを感じることができるとすれば、それは単に古い歴史を遡るのとは全く異なる、新しい現代的な問題として考えなくてはいけないと思う。





[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 97 )

戻る 進む