繋ぐ修景の手仕事 
Thursday, 18, February, 2010, 22:12 - EVENT
宮本忠長さん講演会に行って来ました。
題して「繋ぐ修景の手仕事 長野県小布施町-40年の歳月をかけてのまちづくり-」です。
講演会のスタートは小布施町の紹介ビデオから始まりました。1人の建築家が1つの町や地域を自分の作品として紹介するという事に大変驚きました。素晴らしい事で、とても羨ましく思います。宮本さんは40年の歳月をかけて少しづつこの町をつくる事にかかわってこられました。こういったまちづくりに建築家の個性が発揮される例としては、他には槇文彦さんのヒルサイドテラスなどが挙げられると思いますが、とにかく日本では奇跡に近い程珍しいことだと思います。自分もいつか町や地域の歴史をつくるようなプロジェクトにかかわりたいと思いました。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1955 )
Most Impressive Architecture 2009 
Saturday, 06, February, 2010, 11:37 - ARCHITECTURE
新建築のサイトで2009年の新建築住宅特集の中で印象に残った作品や記事を推薦するアンケートの集計が発表されています。私も印象に残った作品にコメントを述べさせていただきました。普段からできるだけ単純にのびやかで気持ちのいい空間をつくりたいと思っているので、そのような作品を選んで出来るだけ単純な言葉でコメントさせていただきました。専門家にしか分からない難しい理論で建築を理解するのではなく、実際に建物を使う多くの人の感覚に立って建築を考えたいと思っています。私のStone Terraceにもコメントを頂き、素直に嬉しかったです。
全体的にアンケートに回答された方が少ないようで残念です。もっと、多くのコメントが寄せられれば、とても興味深いページになったのではないかと思います。作品を専門誌に発表するだけでなく、それを通じて相互に批評を交し合う関係が出来ればいいなと思います。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1963 )
音楽とともにある建築 
Friday, 05, February, 2010, 18:33 - EVENT
建築系ラジオで建築家小川晋一さんのインタビューがアップされています。たまたまインタビューの現場で小川さんの隣にいたこともあり、私も少しだけお話をさせていただいています。小川さんの建築についてではなく、音楽への興味や若い頃の話、大学での仕事などいろいろな話題が語られています。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2019 )
建築系フォーラム2010 
Friday, 05, February, 2010, 16:16 - EVENT


[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1755 )
地方建築家のロールモデルを考える 
Monday, 01, February, 2010, 21:57 - EVENT
広島国際大学 の学生のみなさんが企画してくれたイベントに参加させていただくことになりました。

建築系フォーラム
地方建築家のロールモデルを考える
松岡聡×北川啓介×松田達×土井一秀
2010年2月11(木・祝)13:00〜17:30
広島国際大学呉キャンパス 1号館2階会議室
参加費無料
主催:学生企画団体scale
後援:広島国際大学

私も含めてパネラーの4人の建築家は年齢が非常に近く、それぞれ海外での仕事の経験があり、その後帰国して地方都市をベースに活動していることで共通しています。一方で、それぞれに大学で研究や教育を行いながら活動されていたり、独自のメディアを立ち上げて批評活動をされていたり、国際コンペなどで積極的に活躍されていたり、それぞれに異なった活動の仕方をされています。地方都市においてどのようなロールモデルがありえるか私自身とても興味深く、他の三人の方のプレゼンテーションを楽しみにしています。自分のプレゼンテーションがなければ、もっと楽しいのにと思ってしまいますが、他の方々よりある意味、スタンダードな活動しかしていないように思う自分の仕事を、この機会にしっかりと振り返ってまとめてみようと思います。自分にとってもイベントを聞きに来てくれる方々にとっても、新しい展望のヒントになればいいなと思っています。是非参加して下さい。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1698 )

戻る 進む