伊勢旅行 ヽい稜酳館 
Thursday, 27, May, 2010, 16:23 - TRAVEL
伊勢旅行,内藤廣さん設計の海の博物館です。剥き出しの構造体の力強さと同時に、木材の折り重なる繊細さを感じます。以前に訪れた内藤さんの設計のグラントワでも、現物を見るまでの写真の印象は豪快で力強いイメージだったのですが、実際に建物に触れてみると、繊細で細やかな感覚にあふれていました。地形は高低差のいくつもある複雑な形状なのですが、それらがシンプルな切妻型の大空間の中に立体的な空間のつながりとして表れていて、地形の複雑さと建物のシンプルさの対比が空間体験として感じられます。





[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1973 )
唐津 
Tuesday, 16, March, 2010, 19:40 - TRAVEL
唐津に行ってきました。唐津湾虹の松原鏡山などの特徴的な自然が地域の風景の骨格をしっかりとつくっています。汐湯という海水の温泉や、玄界灘の美味しいお魚をたくさんいただいて、久しぶりにゆったりとした贅沢な時間を過ごせました。お土産のロールケーキは新鮮で濃厚なたまごの味がしてとても美味しかったです。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1112 )
東光園 
Saturday, 28, November, 2009, 22:12 - TRAVEL
和風旅館という本来水平方向に連続すべき空間を立体的に積み上げるという無茶なプログラムが、とても奇妙で魅力的な構造や形態を生み出しています。菊竹清訓 さんは江戸東京博物館都城市民会館など、美しいという表現とはまた別の特別な空間の魅力をつくり出す事ができる数少ない建築家だと思います。自分も、洗練された美しさやバランスの取れたプロポーションから開放されて、もっと自由な形をつくりたいと思いました。





[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 2228 )
投入堂 
Saturday, 28, November, 2009, 21:45 - TRAVEL
予想以上にいろいろな意味ですごい場所 でした。
険しい山道を登るとは聞いていましたが、正直ナメてました。
これ程危険な崖地を一般の人が登る事を許可している三佛寺 さん、勇気あるなと思ったほどです。
木の根にしがみついて、岩をよじ登ってやっと見ることが出来る投入堂はやはり特別な空気を纏っています。

ところで基礎がない建物というのはとても不思議な存在感を示すものだと感じました。
現代の建築にはとても難しいことですが、岩の上に柱がちょこんと置かれているだけで、建物と地面がかろうじてつながっています。
だからといって建物全体が仮設的に感じられるわけではなく、しっかりとその風景の一部となっています。







[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2015 )
スペイン、ポルトガル旅行から帰って来ました 
Tuesday, 18, August, 2009, 10:54 - TRAVEL
久しぶりにヨーロッパに行ってきました。
MADRID, GRANADA, BARCELONA, PORTOの4都市です。
美味しい食べ物、地中海と大西洋の海と太陽、街並みと建築を思う存分楽しんできました。
詳しくは後日このブログでアップしようと思います。


Herzog & de Meuron設計のCaixa Forum


ローロ川対岸から見たポルトの街並み


廃墟となっていた修道院をEduardo Souto Mouraが改修したホテル


アルハンブラ宮殿


ガウディのサグラダ・ファミリア


[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1978 )

戻る 進む