住宅特集 
Thursday, 19, June, 2008, 19:13 - ARCHITECTURE
今月号(7月号)の住宅特集COURT HOUSEが掲載されています。
広島市内に建つ広々とした中庭を持つ住宅です。
是非ご覧下さい。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1848 )
哲学者の家の本 
Wednesday, 18, June, 2008, 21:24 - BOOK
この分厚いハードカバーの美しい本はたった一軒の住宅についてのみ記したものです。
ウィトゲンシュタインという哲学者が生涯に一度だけ設計に関わった住宅。
設計のプロセスから、床のタイルの割付、窓枠のプロポーション、完成後の使われ方まで、ありとあらゆる事が美しい白黒写真とともに詳細に記述されています。
この本は私がスコットランドの設計事務所を去る日に、餞別としていただいた大切な本です。
ページをめくりながら、この本を抱えて、エジンバラからウィーンにこの住宅を訪ねたことを思い出します。
哲学者の設計したこの住宅の冷酷なまでの緊張感が、本の存在感からも同様に感じ取れるのです。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2856 )
ギターを抱えて14年ぶりのスタジオへ 
Tuesday, 17, June, 2008, 21:06 - MUSIC
来月結婚する友人のリクエストで再結成された大学時代のロックバンド。
最初で最後、1回きりの練習です。
関東、関西、広島、とバラバラな場所にいるメンバー6人が大阪の梅田のスタジオに集合。
はじめはみんなおっかなびっくりで控えめに演奏していたけど、段々腰に響く大音響のの気持ちよさが戻ってきました。
THE BLACK CROWSデビューアルバムはよくこのバンドで演奏していました。
今聞いてもシンプルでストレートな音が気持ち良く、元気が出ます。







[ 2 コメント ] ( 34 views )   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2734 )
清家清さんの建築 
Monday, 16, June, 2008, 21:43 - ARCHITECTURE
古い近現代建築を見るのが好きです。
どのように使われてきたか。
時間を経ても変わらないものは何で、取り替えられてしまうものは何か。
どんな素材がどんな風に古くなっているか。
まわりの自然や景観に馴染んでいるか。
そんな事が自然に感じられてくるからです。
特に丁寧に大切に使われている建物を見ると、自分が設計したわけでもないのに、自分の事のように嬉しくなってきます。

清家清さん小原流豊雲記念館は、急斜面の地形と一体になった素晴らしい建物でした。
時間を経て、石や陶ブロックでつくられた建築が深い緑に覆われて、厳しい地形の中で建物と木々が助け合っているようです。








[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2347 )
スタンダード 
Wednesday, 11, June, 2008, 21:37 - MUSIC
Keith Jarrettは自分をJazzの世界に導きいれてくれた人です。
その中でもオススメは UP FOR IT という、おなじみのスタンダード・トリオのパリでのライブ。
とにかく普通です。新しい事とか、変わったこととか、ビックリするような演出とか全くありません。
何十回聞いたか分かりませんが、とにかく聞けば聞くほど気持ちいい。



YOUTUBEでチョッと昔のKeith Jarret Trioの映像を見ることができます。
これってホントにすごい事ですよね。
YOUTUBEでいろいろ映像を探し始めると、ついつい夜更かしどころか朝になってしまいます。


[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 3364 )

戻る 進む