アートの島 
Friday, 10, October, 2008, 01:24 - TRAVEL
約10年ぶりに直島に行ってきました。
安藤忠雄さん設計のホテルに宿泊して、本格的にアートの島探検です。
前回に行った時より、断然、施設や美術作品が充実していて、1泊2日では足りないくらいです。
この島では、アートと生活と自然との境目が無くなってしまって、全てが心地よく連続しています。
本当にゆったりした休日を満喫できました。













[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 2.9 / 1837 )
ジスモンチ/NHK芸術劇場 
Friday, 10, October, 2008, 01:03 - MUSIC
先週の金曜日のNHK芸術劇場EGBERTO GISMONTIでしたね。
先日のSTEVE REICHといい、NHKさんナイスなセレクションです。
実はGISMONTIが実際に演奏している映像をこれほどじっくり見るのは初めてです。
聞き慣れていた曲が多かったにも関わらず、「この曲、ギター1本で演奏していたのか!」など、驚くべき発見がいろいろありました。
また、タイトルの日本語訳や曲の背景などを丁寧にを紹介してくれるのも、親切で助かります。

DANCA DOS ESCRAVOS / EGBERTO GISMONTI は今回の放送でも演奏されたギスモンチの代表作がいくつも収められたオススメCDです。
私にとってはfoa を去る日に、同じくGISMONTIファンであったALEJANDROが餞別にくれた思い出深いCDでもあります。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1146 )
船越桂展 
Friday, 03, October, 2008, 01:58 - ART
舟越桂はずっと気になっていたアーティストなのですが、今まで一度も作品を直接見ることがありませんでした。
東京都庭園美術館は舟越桂作品に出会うにはまさにベストな場所でした。
東京に居るとは思えないほどの緑豊かな庭園の中に、歴史ある洋館があります。
その一部屋一部屋に彫刻作品やスケッチなどがあり、作品の世界観と空間が不思議な空気をつくり出していました。
ほぼ等身大の人物の表情はファンタジックでありながら、不思議なリアリティーを持っています。
見ているだけで彫刻に人格を感じ吸い込まれそうなのに、それを彫り出している時の恍惚とはどのようなものだろうと想像しました。

舟越桂展





[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2276 )
黄金色 
Monday, 29, September, 2008, 11:18 - THOUGHT
夜明け前から出かけて、田園風景の中にある住宅の竣工写真を撮影しました。
収穫直前の早朝の水田はまさに黄金色に輝いています。
思えば、この建物の工事を始めたのは棚田に残る雪がやっと溶けた4月で、工事の進行と稲が育っていく様子を重ね合わせながら見てきました。
四季のうつりかわりとともに季節感のある豊かな生活が行われることを願っています。



[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2689 )
SDレビュー オープニングパーティ 
Sunday, 28, September, 2008, 21:28 - EVENT
代官山のヒルサイドテラスSDレビューのオープニングパーティが開催され、入選者の一人として参加させていただきました。
本当に多くの人が集まった華やかな場で、審査員の方々やその他の建築家やメディアの人と、自分の作品を通して対話できる貴重な機会でした。
SDレビューは、地方都市で言葉少なく一つ一つの建築を作っている私達にとって、普段より一段広い世界に自分のつくったものをさらけ出す数少ない機会だと思います。
来月から大阪でも展覧会を開催いたしますので、是非見に来て下さい。

[ コメントを書く ]   |  [ 0 トラックバック ]   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2265 )

戻る 進む